モンテッソーリ女史は

 

「こどもは見て学ぶ」とたくさんの著書のなかで

なんども記しています

 

 

なので、モンテッソーリ教具は

 

「見て」やり方がわかり

「見て」活動の目的がわかり

「見て」間違った部分に自分で気づける

 

【誤りの自己修正】がしやすい工夫がなされています

 

 

 

私も「子どもは見て学ぶ」ので、

「見て学べる」工夫を日常生活の中でもしていくべきだと思っていますが

 

4歳児以降

年少児以降は「聴いて」学べる環境作りも重要です

 

 

「聞く」ではなく「聴く」

 

 

 

 

耳に入る「音」としての情報の中から

 

 

「今、注目すべきキーワード」や

 

「この話の要点」など

 

 

 

必要となる情報をピックアップして「聞き取る」チカラを育てていくのが

 

年少児以降の大切なかかわり方となります

 

 

 

 

ただまんぜんと「聞き流す」だけでなく

 

必要な情報を

必要な時に

必要に応じて抜きだして

必要に応じて使う

 

 

年少児以降

 

意識的に「聴ける」ようになっているために

 

0.1.2.3歳.での「見るチカラ」に重点をおいたかかわり方が

とても重要になってきます

 

 

 

見るチカラ → きくチカラ  の順番で学びのチカラは育っていく

 

 

 

「言葉が遅い」と2歳以降ご相談に来られる方の100%が

 

0.1.2.歳の「見るチカラ」を育てる時期に「見るチカラ」が育つためにの関わり方をしていません

 

 

・・・

 

 

 

なぜか?

 

 

育ちの順番を「知らない」から。

 

 

 

 

とにかくたくさんの量や数をインプットしているにもかかわらず

「言葉がでてこない」のは、

 

 

インプットされた言葉がただ「流れて行ってしまって」

子どもの中に吸収されて理解にまで結びつきづらいから。

 

 

 

 

こんなお子さんたちも、まず0.1.2歳の育ちに戻って

 

「見るチカラ」から丁寧に育てるかかわり方をしていくと

 

あっという間に言葉を自在に操るようになってきます

 

 

 

 

 

たくさんの情報があふれる今、

 

 

 

子どもの育ちの順番だけは

 

国が変わっても

時代が変わっても

 

変わらない原則、があります

 

 

 

 

 

その原則、に乗っ取って

 

子どもと接していたら

 

言語の爆発期である1歳半以降、

 

2歳3歳になって、言葉が遅いと悩む必要はありません

 

 

 

 

0.1.2.3歳は「見させて」教える 4.5.6歳は「聴かせて」教える